*

施術

ミュゼでの脱毛前後の飲酒はOK?お酒が脱毛に与える影響について

投稿日:

ミュゼに通おうと思っている方の中には成人済みで、お酒を飲む習慣のある方も多いでしょう。

脱毛サロンへは休日に通う場合がほとんどですし、そうなると週末にお酒を飲んだ場合の施術への影響が気になるところです。

そこでこちらでは、飲酒が与える脱毛への影響をまとめています。

週末は飲み会にいくことが多いという方はぜひご一読ください。

Maria
このページの結論

ミュゼで脱毛する際、施術前後12時間は飲酒は禁止されています。

理由としては、肌荒れや炎症の原因、さらには体調不良などトラブルのリスクが高まるからです。

脱毛の予約日前後の飲酒は必ず控えましょう。

ミュゼ・今月のキャンペーンページはこちらです

 

ミュゼで脱毛する前後に飲酒はOK?

ミュゼでは「施術の前後12時間の飲酒はNG」とされています。

そのため仮に土曜日の午前中に予約を入れていた場合は、金曜日の夜に飲み会に参加するのは控えた方が良いでしょう。

もちろんお酒の誘いを断れない場合もあると思いますので、施術の前日や当日にお酒を飲む予定が入りそうな場合は、施術の予約時間を調整しておくと良いでしょう。

 

飲酒が脱毛へ与える影響

飲酒が脱毛へ与える影響をまとめています。

  1. 肌荒れや炎症の原因に
  2. 体調を崩してしまうことも
  3. 施術後の飲酒で肌トラブルのリスクが高まる

肌荒れや炎症の原因に

施術の12時間以内に飲酒した場合、体内ではまだアルコールの分解が完全には終わっていない状態です。

アルコールを摂取すると肌が敏感になり、脱毛施術で肌荒れや炎症が起こる可能性が高くなってしまいます。

 

体調を崩してしまうことも

アルコールを摂取すると体調を崩してしまうという方もいると思いますが、普段はそういった症状がみられない方でも、飲酒後すぐに脱毛を行うと体調を崩してしまう場合があるのです。

お酒を飲むと、身体はアルコールを分解して毒素を排出するための準備に入ります。

その状態で毛根に刺激を受けると、身体が危険信号を発して健康を損なってしまうことがあるのです。

 

施術後の飲酒で肌トラブルのリスクが高まる

施術後の飲酒もまた、肌トラブルを高める原因となります。

お酒を飲むと身体がぽかぽかすると思いますが、実際にアルコールには血行を促進し体温を上げる作用があります。

それに伴って皮膚表面が普段よりも刺激に弱くなり、施術直後は問題なくても、飲酒後に肌トラブルがあらわれてしまうことがあるのです。

また、飲酒後は利尿作用が高まり身体が水分不足の状態に陥ります。

そのため肌表面が非常に乾燥しやすく、施術の刺激で肌に赤みや炎症が生じる原因になってしまいます。

 

 まとめ:施術の前後は飲酒NG!予定を調整しておきましょう。

アルコールを摂取した身体は刺激に弱くなりますので、脱毛施術前後の飲酒は様々な肌トラブルや健康被害を招いてしまいます。

肌荒れだけではなく、体調を崩してしまう恐れもありますので、急に飲酒の予定が入ってしまった場合も予約の日時をずらしてもらう方が無難です。

施術前だけではなく、施術後の飲酒も肌トラブルの原因となりますので注意が必要です。

Maria
施術の前後12時間の飲酒はNGとされていますので、お酒を飲む予定が入りそうな場合は予約を調整しておくと良いでしょう。

-施術
-

Copyright© ミュゼマニア|脱毛の料金・回数・効果など、どこよりも詳しく解説 , 2017 AllRights Reserved.