*

施術

ミュゼで脱毛した日は入浴NG?お風呂に入るのがダメな理由

更新日:

お風呂をリラックスタイムや美容タイムにあてている方も多いかと思いますが、ミュゼでは施術当日の入浴はNGとされています。

毎日のお風呂が楽しみ!という方には少々つらいかも知れませんが、実はきちんと理由があるのです。

こちらでは施術当日の入浴がダメな理由や、かわりにシャワーを浴びる際の注意点についてご紹介していきます。

 

ミュゼでは施術当日の入浴NG!その理由は?

ミュゼをはじめとする、ほとんどの脱毛サロンで、施術当日入浴NGな理由は次のとおりです。

  1. 肌が敏感になっており、熱がこもりやすいため
  2. 浴槽は雑菌がおおいため

 

肌が敏感になっており、熱がこもりやすいため

1つめの理由は、施術後の肌はとても敏感で熱や刺激に弱いためです。

脱毛施術は毛穴や毛根に作用させるために強い光を使用しています。

ミュゼではジェル越しに光を照射するため素肌への直接的な刺激は軽減されますが、肌に熱がこもり火照ったような感覚をおぼえることも少なくありません。

そのため施術後は肌を冷やすために美容液ミルクを用いますし、施術の間隔を一定期間空けるのは肌のクールダウンの意味合いもあるのです。

 

浴槽は雑菌が多いため

普段浴槽を綺麗にしていても、浴槽には思った以上に雑菌が繁殖しているものです。

前述の通り施術直後の肌は刺激に弱いため、雑菌が思わぬ炎症や肌荒れの原因になってしまうこともあります。

特に残り湯には数多くの雑菌が含まれているため、家族や恋人と暮らしている方は要注意です。

 

脱毛後にシャワーを浴びる際の注意点

つづいて、湯船につかるかわりにシャワーを浴びる際の注意点をまとめています。

  1. お湯の温度は控えめに
  2. 火照りや赤みが続いたら肌を冷やす

 

お湯の温度は控えめに

湯船につかるかわりにシャワーだけで済ます際も、なるべく熱いお湯を浴びるのは避けるようにしましょう。

中には熱いお湯が好きという方もいると思いますが、施術当日はぬるま湯でさっと汗や汚れを流す程度にするのが無難です。

 

火照りや赤みが続いたら肌を冷やす

シャワー後の肌に火照りや赤みが見られたら、冷たいタオルや保冷剤などで肌をクールダウンするようにしましょう。

また、普段はオイルやミルクで入浴後のボディケアを行っているという方も、当日はなるべく避けるか、肌に優しいものを使用するようにしましょう。

 

まとめ:肌への影響を考えて、施術当日の入浴はNG!

脱毛施術は思った以上に肌への刺激となっているものです。

目に見える炎症や肌荒れがなくとも、肌が熱をもってしまっていたり、敏感な状態になっていることが多くあります。

お湯につかる入浴は肌への刺激となってしまいますし、浴槽は雑菌が繁殖しやすいので素肌に異常がでてしまう場合もあります。

万が一火照りや赤みが続いてしまう場合は、保冷剤等を用いて肌を冷やすと良いですね。

Maria
施術当日の入浴は控え、できるだけぬるめのシャワーでさっと汗を流す程度にとどめておきましょう。

-施術
-,

Copyright© ミュゼマニア|脱毛の料金・回数・効果など、どこよりも詳しく解説 , 2017 AllRights Reserved.